太ももダイエット

太ももダイエットで使うべき筋肉の箇所

太もも,ダイエット,むくみ,解消,マッサージ

 

太ももダイエットで使う筋肉

 

意外にも太ももは日常生活ではあまり使わない筋肉がかなりあり、
その筋肉が衰えるとセルライトが気になったりタプタプするようになるそうです。

 

 

 

使うべき筋肉をしっかり使うと、太ももダイエットは成功しやすいということですから、
意識して足を動かしましょう。

 

内もも全体にある筋肉

 

内もも全体にある筋肉は股関節内転筋群といい、
骨盤ともつながっているので下半身だけでなく内臓とも関わりが深いものです。

 

 

 

両方の太ももの内側をつけて足を閉じるときに使う筋肉で、
イスに座るときに膝が開いてしまう方は内転筋が弱っているのかもしれません。

 

 

 

また立ち姿で左右の太ももの間にすき間ができないと
それほど太くない太ももでも太く見えてしまうものですが、
そのような方も内転筋を鍛えることですき間ができて美しい見た目になります。

 

太ももの裏にある筋肉

 

ハムストリングスは太ももの裏にある筋肉で足を後ろに蹴り出したり膝を曲げたりする時に使い、
スポーツ選手のケガでよくある箇所ですから耳にしたことのある方も多いと思います。

 

 

 

この筋肉もまた骨盤から足の裏側を通って膝まで続く大きな筋肉群で、
太ももをすっきり見せるためには必ず鍛えなければならないもの
文字通り太ももダイエットを裏から支える大切な筋肉です。

 

太もも,ダイエット,むくみ,解消,マッサージ

 

前屈みが苦手な方はハムストリングスの一部が短くなって裏もも全体が硬くなっている可能性が
あります。ハムストリングスはお尻をささえていますから、鍛えるとヒップアップにもなるという
二重のうれしい効果もあります。

 

 

 

この太ももの内側と裏側の筋肉を使うストレッチやエクササイズを取り入れると、
太ももダイエットに手ごたえを感じることができるはずです。

 

 

 

>>>太ももダイエットのためにやってはいけないこと